髭が濃いをメリットに変える方法

髭が濃いのを活かす

髭が濃いのは基本的にデメリットなのだが、それをメリットに変える方法はないものだろうか。

髭が濃いのは日本人としては比較的少数派。

なおさらそのレア感を活かしたいものである。

そのためには、

まず、

髭の生やせる職に就く

これが一番重要であろう。

土日だけ伸ばせても意味がない。

これは絶対条件だ。

(そして、一番難しい…)

次に、

自分の顔と雰囲気に合った髭スタイルを見つける

髭を生やせる環境を見つけたら、あとは自分の思うがままに髭を生やすのみだ。

この時点で大半の髭に悩む男たちよりも優位に立てているだろう。

髭を伸ばせることの素晴らしさは本人が一番わかっているはずだ。

最後に、

髭相応の男になる

これが最終目標かもしれない。

やはり世間がどうであろうと、髭を生やしていると男らしく見える。

頼りがいがあるように思われる。

ならば、その通りにならなければならない。

髭を生やすとはつまりそういうことだ。

髭が濃いというデメリット・コンプレックスを活かすには、自分自身が変わらねばならない。

髭を薄くできないのなら、濃い髭に見合う自分を作り出せばいいのだ。

そのために人生を組み立てることによって、濃い髭はメリットとなるだろう。

髭に見合う男になりたくないなら

正直、髭の濃さを理由に職業を選ぶなんて馬鹿げている。

というか、ほとんど不可能に近い。

まあ、普通のサラリーマンや公務員以外なら、案外髭を生やしても問題ないのかもしれないが。

それに、現時点で髭がダメな職に就いている人にこの答えは論外である。

そんな簡単に転職できるはずもない。

髭の濃さと向き合わずに生きていくためには、現状、おそらくひげ脱毛しかない。

ひげ脱毛は医療レーザーを用いて行う医療行為で、有名なクリニックならどこでも行っている。

効果を保証されている脱毛方法は現時点でこれだけなのである。

髭の濃さがたまらなく嫌いな男たち、もういろいろと疲れてしまった男たちはひげ脱毛を始めてみるとよいだろう。

濃さに対する悩みがすべて解消される。

髭が濃い人は、ひげ脱毛してみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする